探そう、まだ見ぬ未来を。

クルマの未来

自動運転、シェアリングエコノミー、ビッグデータ……交通システムの未来を丸ごと担うDeNAの狙いとは

株式会社ディー・エヌ・エー

2020年には技術変革とともに、自動車業界に大きな変化の波が起こる

クルマ社会を取り巻く市場はモノとしての自動車にとどまらず、交通、物流、道路などの交通インフラの敷設など、挙げればキリがない。自動車業界を変革するということは、社会インフラを丸ごと新たに作り上げるようなものだが、長年この自動車業界の中心にあったのは、連綿と歴史を積み重ねてきた完成車メーカーだった。しかし近年、流星のごとく現れたテスラモーターズをはじめ、続々とスタートアップや異業界からの新規参入が大きく取り上げられ、自動車業界に変化の波が訪れつつある。それを端的に象徴するのが、DeNAオートモーティブの存在だ。

「われわれのオートモーティブへの取り組みは、まさに事業領域の立ち上げ。DeNAは本気です」と力強く語るのは、中島宏オートモーティブ事業本部長だ。DeNAのオートモーティブ事業では、自動運転、シェアリングエコノミー、ビッグデータという3つの領域を柱とし、それらを束ねる共通基盤的なプラットフォームの構築を掲げている。

「たとえば自動運転だけを進めようとしても競争力や優位性は実現しにくい。補完関係にあるシェアリングエコノミーやビッグデータなどと並行して事業を推進していくことでシナジーを発揮し、独自性を生み出していくことが、私たち後発組の存在意義だと考えています」

「ある程度事業を育てて、数年後にはバイアウトする、といった選択肢は一切ない」と中島氏は言う。eコマースやモバイルゲーム、プロ野球球団運営、ヘルスケアなど、さまざまな領域に挑戦し続けてきたDeNAは、このオートモーティブ事業を未来のDeNAの中核事業にしたいと考えているという。

オートモーティブ事業の取り組みは多岐にわたる。「自動運転技術と法規制、その進捗に応じて提供するサービスも変わる」と中島氏が語る通り、DeNAでは有人運転時代と無人運転時代でアプローチを変えているという。

現在DeNAは神奈川県タクシー協会とともにAIを活用した配車システムの構築に取り組んでおり、2017年度中には実用版としてリリースを予定している。既に市場に提供されているカーシェアリングアプリの「Anyca(エニカ)」、先日リリースが発表されたタクシー配車サービスなどを含め、これらは有人運転時代に対するアプローチの1つだ。一方、無人運転時代を見据えての動きとしては、日産自動車株式会社が製造する自動運転車両を活用した新たな交通サービスのプラットフォーム開発に着手している。このプラットフォームも「実証実験を通じて早期にフィージビリティやビジネス性を検証できるレベルまで持っていきたい」という。

「無人運転技術を追求するなかで得られる知見などは、有人運転に対して有用なものもあるでしょう。たとえばAIを活用して事故を減らすようなサービスは2020年といわず、早期にリリースしていきます」

既に実証実験を進めている自動運転のシャトルバスやタクシー、ヤマト運輸と取り組む物流面での応用は法整備もカギとなるため、具体的に花開いていくのは2020年以降だと考えているという。また、2020年には技術の変革だけでなく「主要プレーヤーが大きく変わることもありえる」と中島氏は語る。

「通信の世界も2007年前後にはドコモ、au、ソフトバンクというキャリア3社に向けて多くの国内電機メーカーが独自に携帯電話を作り、シェア争いを繰り広げてきました。それがたった数年でグーグルやアップルのスマートフォンによって席巻されてしまった。スマートフォンの台頭という、テクノロジー変革の『以前』と『以後』でメインプレーヤーは簡単に入れ替わります。これを自動車業界に置き換えれば、製造業だけではなくサービス分野をも巻き込んでヒエラルキーが再形成され、既存の自動車メーカー以外のプレーヤーが突然表舞台に出てくるということもあるかもしれません。自動運転技術が世の中に行き渡るであろう、十数年後の未来で勝ち残るためには、今この瞬間、2010年代にベースとなる技術力、競争力をどこまで形成できるかが重要です。勝負は、この3年間にあると考えています」

クルマに関わったことがない人こそ、輝ける土壌がある

既にDeNAのなかでもAI技術の研究開発は進められ、一定の成果を上げているという。オートモーティブ事業本部基幹システム開発部部長の小林篤氏は「オートモーティブ事業では配車最適化のために、移動時間予測・ルート探索・需要予測など、これまでとは違うリアル・テックでのAIの形を追求しています」と語る。いわば、ゼロからの挑戦だ。

ただ、キーとなるAI技術は今までDeNAが得意としてきた領域とは非連続的であっても「DeNAには強みがある」と小林氏は言う。それが、ソリューションとして世の中に提供する際の「パッケージ化」だ。ここにはDeNAが培ってきた、ゲーム開発やeコマースにおけるユーザー体験の設計ノウハウが生かせるはずだと自信を見せる。

オートモーティブ事業部では、現在の約50人の人員数を、2017年度末までの半年あまりで倍増させる計画だという。その陣容は、中島氏が「まるで動物園」と形容するように、実にさまざまだ。大規模Webサービスを手がけてきたフロントエンドエンジニアやECサイトのサーバーサイドエンジニア、OEMメーカーの技術者、コンサルタントなど、社内組も転職組もバラエティーに富む。それでも、「まだまだエンジニアやディレクターが必要だ」と両氏は語る。「リアル×テクノロジー」の領域はいずれも黎明期にあり、オートモーティブ事業もその一つ。新たな領域だからこそ、クルマに関する専門知識がなくとも挑戦できる余地は大いに残されているという。「スマートフォンアプリやWebサービスを作ってきた経験も、オートモーティブ事業で生かせる場面は多い。興味があればぜひ扉をたたいてほしい」と小林氏は言う。

「たとえばゲームやSNS等で大規模トラフィックをさばいた経験があれば十分活躍できます。アプリケーションの開発でも、ゲームのユーザー体験を作ってきたエンジニアはユーザーに馴染みやすいUI/UXの感覚が、普通のツール開発しか経験していない人と比較して段違いに優れている。その能力は実際に、自動車の乗車前後や乗車中に使用するアプリケーションを作っていくときに大きく役立つのは間違いありません」

これまでの純粋なバーチャルインターネットサービスとは異なり、自治体や中央官庁、ハードウエアメーカーなど、多くのステークホルダーとの関わりが発生する。彼らとの交渉にビジネス開発だけではなく、エンジニアが入っていくことも珍しくない。「エンジニアがビジネスを創出する経験を積める」ことも、この事業で働く醍醐味だという。

中島氏は「情報感度の高い人は今まさにオートモーティブの最先端を自ら開拓しています。いずれこの事業の社会的認知が進み、挑戦する人も増えてくるでしょう。ただ、この分野はあと3年もたってしまえば、関わる面白さの質が変わってしまっていることは容易に想像できます」と語る。

新幹線と同様、パッケージ化した都市交通システムでグローバル市場を狙う

DeNAのような後発組が、オートモーティブ事業で単一の商品やサービス展開に終わるのではなく、領域丸ごと手がけていこうとする意図はまだある。中島氏はこれに関して、日本とシリコンバレーの違いについて挙げる。

「アメリカであれば、シリコンバレーというロケーションに人材とベンチャー・キャピタルが集積し、続々とスタートアップが立ち上がっている。一方、日本では土地ではなく企業に人材が集積している。優秀な人材が創業間もないスタートアップを選択するケースも増えてきているものの、日本で優秀な人材を多く確保できているのはメガベンチャーだと考えています。DeNAには人材と新規事業に投資できる資本力がそろっている。欧米にはない、極めて日本的なエコシステムが社内に構築されているのです」

そのエコシステムを生かす対象がオートモーティブとなったのも、単なる時代の流れではないという。

「日本で成功させたシステムを、都市交通パッケージにして、グローバルに都市単位で売り込んでいく、いわば新幹線のセールスのようなイメージです。新幹線の車両や運行を支える各種サービス、路線敷設時の工事の進め方といった点を丸ごとパッケージ化したものが世界で評価されている。DeNAはこのオートモーティブ版を手がけたいのです」と中島氏は語る。

日本という立地は、狭い国土に世界に名だたる自動車メーカーとそれを取り巻く部品・精密機器メーカーがあり、そこには優秀なエンジニアも集積している。タクシー台数も世界第5位と公共交通も発達している。つまり、交通サービスを次世代版にアップデートさせるときに必要な社会インフラや人材、企業がそろっており、「シリコンバレーにはない」条件が整っているのだという。小林氏も「どのようなソリューションであればより多くの人に届けられるのか。その観察眼や設計力は、ユーザーを第一に考え続けてきたDeNAだからこその強みです。自動車業界の慣習や当たり前にとらわれないからこそ、提供できる価値もあるでしょう」と自信をのぞかせる。

DeNAが目指すのは、テスラやグーグルのような垂直統合ではなく、水平分業における、いわば音頭取り。社会インフラや車両、自動運転技術などはそれぞれのトップランナー企業と連携し、協力しながら社会システムの課題を解決していく発想だ。「必要なテクノロジーなどパーツを取りまとめて世の中に価値提示する考え方やビジネスモデルの構築力、周囲の巻き込み力はDeNAの得意とするところ。オートモーティブという新たな分野で、世界に打って出ます」と語る中島氏。

「モノからコトへ」といわれて久しいが、DeNAがオートモーティブ事業でプラットフォームを取っていくことで狙うのも、まさに「コト」。産業の垣根を越えた「すり合わせ技術」ともいえ、そこでは日本流の細やかさ、粘り強さも生かされる。2020年より先の未来への第一歩は、既に始められている。

LATEST POST