探そう、まだ見ぬ未来を。

ビジネスモデルの未来

マーケターを戦略家に。
マーケティング×人工知能が実現する真の自動化ツール「B→Dash」

株式会社フロムスクラッチ

マーケティングオートメーションを超えるプラットフォーム

一般的にマーケティングには大きく分けて3つのプロセスが存在するといわれている。ユーザーを集客し、顧客情報を取得して見込み客化する「集客」というプロセス。その見込み客に対してメールやプッシュ通知などで購買意欲を高めていき、いかに顧客になってもらうかという「販促」。そして、一度購買したユーザーをリピートさせ、ロイヤルカスタマー化していく「顧客管理」だ。

数年前からデジタルマーケティング業界をにぎわしている「マーケティングオートメーション」は、取得したユーザーの情報に基づいて、メール送信などを自動化していくツールだ。先のプロセスで整理すれば、「販促」領域を最適化していくツールともいえる。一方、株式会社フロムスクラッチが開発・提供する次世代型マーケティングプラットフォーム「B→Dash」は、これら「集客」「販促」「顧客管理」にまたがる、ありとあらゆるデータをAll in Oneで管理し、開発・販売・導入・運用支援までをワンストップで総合的に提供する革新的なプロダクトとして注目が集まっている。 

もちろん、世の中にはマーケティングオートメーション関連のツールを販売する企業は数多く存在するが、フロムスクラッチの矢矧利太郎(やはぎ りたろう)執行役員は、その競合優位性について次のように説明する。

「これだけテクノロジーは進歩していますが、実のところ企業は保有している大量のデータを“活かしきれていない”ことが多いんです。たとえば、マーケティングのプロセスや機能ごとに、別々のツールが導入されていたり、担当者が異なってしまっているため、各ツール間でデータの断絶が起きてしまっています。しかし、Web上の行動データだけでなく、売上データや属性データ、広告データなど、あらゆるデータがユーザーごとに紐づいていなければ、本質的なデータドリブンなマーケティングはできません。

それを実現するためには“データを取得・統合する仕組み”と“データを活用する仕組み”が、バラバラに提供されるのではなく、All in Oneで提供されなければいけません。ところが、世の中にある多くのツールは、個別機能の最適化を重視して提供されているため、本質的にこの課題を解決することはできないのが現状です。しかし、われわれの“B→Dash”は元々、こういった課題に直面している顧客の声を起点に設計・開発されているため、膨大なデータの取得と統合、そして活用がワンストップで実現できており、そこがプロダクトとしての大きな優位性になっています」

たしかにこのレベルまでいくと、日本で実現できる企業はそうそうない。実際に、「B→Dash」の競合となるのは欧米の有名なグローバル企業になるが、それでも「B→Dash」の導入数が右肩上がりで伸びているのは、2つの背景が存在するからだ。

1つは発言の中にもあった、欧米発のツールベンダーの開発思想の問題。ほとんどの企業は、プロセス上のどこかの領域に特化して、ツール/ソリューションを開発する。それを“ITの巨人たち”が買収を繰り返していき、「ツールの連合軍」なるものをつくる。しかし、元々は別のツールを寄せ集めているに過ぎないため、結局のところ散らばったビッグデータの統合・活用がうまく進まないケースが多いという。

そして、もう1つは、UI/UXの問題。BtoBにおけるマーケティングツールはまだまだ操作性が悪いという。「B→Dash」は、社内デザイナーはもちろん、外部デザインファームとも協同して、toC領域で磨き上げられたUI/UXデザインのメソッドを積極的に取り入れて開発を推進している。そのため、使いやすさで優位性を保つことができている。

マーケティング×人工知能で日本の再生に貢献する

「B→Dash」はマーケティングテクノロジーという領域におけるプロダクトにとどまらず、人工知能と掛け合わせることでさらに高いパフォーマンスを発揮している点も見逃せない事実だ。それにより相対的に難しい「マーケティング」という業務を平易なものに変えようとしている。

「たとえば、何か物を売りたいとしても、どういう理由でそのものが欲しいのか、そしてそういう人はどういうチャネルで、どういうコンテンツで訴求すれば魅力的にアプローチできるのか、という話は、勘がモノを言う職人芸の世界だったりするわけです。簡単にいうと、じゃあ、それを人工知能によって誰でも分かるようにしようというのが“B→Dash”のコンセプトの一つでもあります。

あるお客さまに対してメールを送って、どういうメールだったら反応してくれるのか。メールを送った後、どれくらいのタイミングで電話をかけるべきなのか。LINEでプッシュをすればいいのか、それともバナー広告のリターゲティングでいいのか。そういったこともすべてマーケティングデータ×人工知能で見えてくる。

これまでに相当数の企業に導入いただいたことで、B→Dashを介し多くのデータをもとにした解析・分析が可能になり、その集合知を通じて、売上が上がる最適なマーケティングプロセスとは何なのかということを、人工知能を介してお伝えする。これが実現できれば、“良い商品はあるけど、売り方がわからなくて立ち行かない”といった企業を救うこともできます。ゆくゆくは、“B→Dash”によって、あらゆる企業のマーケティング活動をきちんと機能させ、日本経済をもう一度再生させたいと思っているんです」

ただテクノロジーが優れているだけでは誰も使ってくれない。「B→Dash」が目指すのは、会社の上司に“「B→Dash」ばかりやっていないで仕事をしなさい”と注意されてしまうくらい、オモチャのように病みつきになるプロダクトにアップデートさせていくことだという。いつの間にか「B→Dash」に夢中になっていて、楽しく操作をしているだけで売上がドンドン上がる、そんな世界の実現を高く追い求めていきたいと語る。

基礎体温や熱伝導率の高さがイノベーションの源泉

フロムスクラッチは、お飾りの企業理念ではなく、熱量の高いビジョンをベースに事業を展開している感覚が強い。「B→Dash」というプロダクトの顧客価値は、“クライアントの収益を上げること”を前提としているため、機能やアドバイザリー、カスタマーサポートなど、「B→Dash」に関わるすべてのサービスが、本質的なカスタマーサクセスにつながっているといえる。全社員が、高い志と目指すビジョンに共感を持つことで、企業の急成長を下支えしている。矢矧氏はそれを基礎体温や熱伝導率が高いという言葉で表現する。

「採用の際に、ポジションの話や給与の話、業務内容の話をお約束して入社いただいている方は、実は一人もいないんです。どちらかというと一緒に“ガムシャラ”にやれるかどうかというところを重視しています。そのためには覚悟も必要ですし、覚悟を示してくれた人にはわれわれが責任を持たないといけないと思っています。

スタートアップらしく勢いがあって、常に変動しているような会社では、根っこの部分で一枚岩でなければならないと考えています。業務内容やお金、ポジションで握ってしまうと、それが得られなくなった瞬間に人の心は離れていきます。だから、高い目標やビジョンを達成するといったところに共感できるか、そこに向かって、熱狂的に楽しみながら仕事ができるか、といった部分が重要なんです」

マーケティングオートメーションやデジタルマーケティングといったトレンドワードに釣られたり、ポジション・お金などといった目先の利益を求めるのではなく、企業が目指すビジョンに共感して、それを本当に実現しようとする心意気を持っている人に入社してもらいたいという。

「そういうところに共感して入ってきてもらえる人には、ものすごくワクワクする環境。全員が甲子園を目指して、みんなで練習して試合に出て、大声出して応援しているみたいな、部活に似た環境があります。そのため、まるで、もう一度青春がよみがえってくるみたいな感覚がありますね」

やはり、仕事の本質は個人で何ができるかではなく、所属する組織で何ができるかだ。こうした斬新なプロダクトが生まれたのは関わる人を幸せにしようとする組織としての一体感、そして熱狂感をフロムスクラッチが持ち合わせているからに違いない。世界のマーケターの常識を変えるかもしれない「B→Dash」というプロダクトは、優れたテクノロジーはもとより、魅力的な個々の集まりによって生まれている。

LATEST POST