探そう、まだ見ぬ未来を。

人工知能の未来

新しいビジネスを切り拓く。コグニティブの時代へ

日本アイ・ビー・エム株式会社

自然言語を理解し、学習するコンピューターの誕生

コンピューターが人と自然言語で会話し、学んでいく。そんな世界を、遠く思い描いたのはいつの頃だろうか。それはもう、遠い未来の話ではなく、足音を感じるほど、近い将来の現実なのかもしれない。

2011年2月16日は、コンピューター技術の革新的な進化を世界へ見せつける歴史的な日となった。アメリカの人気クイズ番組「Jeopardy!(ジョパディ!)」に、IBMリサーチが4年にわたって研究に取り組んできた質問応答システム「Watson(ワトソン)」が挑戦し、二人のグランドチャンピオンに勝利したのだ。

ワトソンは、100万冊の本に相当する2億ページ分の自然言語のデータ情報を瞬時に分析し、解答を導き出すコグニティブ・システム。自然言語の処理技術を進化させることで、人間と同じように言葉を理解し、情報や経験に基づいて自ら学習することを可能にした、IBM独自のコグニティブ・テクノロジーの結集が、世界へ大きなインパクトを与えた。

では、コグニティブとは何か?「日本語では『認知』と訳されていますが、わかりづらいですね」「コグニティブ・システムとは、文章・音声・画像などのデータを理解し、仮説を生成し、学習するシステムを意味します」と、IBM東京基礎研究所所長、福田剛志氏は説明する。従来のコンピューター技術は、構造化データを高速に計算・記録・処理することを追求してきた。一方非構造化データと呼ばれる画像や音声、自然言語データなどを認識して意味を解釈したりすることは苦手としてきた。

近年ソーシャル・メディアなどの普及により、非構造化データが激増。世の中に存在する2.5エクサバイトのデータうち80%は文章・音声・画像などのデータだ。現在利活用されていないこれらの80%の情報の利用を可能にするのがコグテニィブ・システムだ。

この4~5年の間に画像認識、音声認識などの技術がめまぐるしく発展したことも、コグテニィブ・システム実現の背景にある。人間の脳の働きと同じように膨大な情報データから総合的な分析を行えるほどの劇的な技術の進化を遂げたという。「ビジネスバリューを発揮できる実用化レベルに到達しようとしています。今まさにコグニティブ・システムの時代がきていると実感しています」と福田氏は期待を寄せる。

コグニティブ・システムは知識を増強する人間のパートナー

1952年に世界初の商用コンピューターであるメインフレームを発売して以来、IT業界をリードするグローバル企業として、先進的なコンピューター技術の研究開発に取り組んできたIBM。その長年にわたる企業活動の中で、自然言語処理、アナリティクス、サイエンス&テクノロジーといった各分野に特化し、幅広い技術の研究と開発が進められてきた。

コグニティブ・コンピューティングは、それらの研究分野をまたぎ、技術のピースをつなぎ合わせて生まれる、IBMが強みとする総合的な技術力を生かした、業界の先端を行く研究開発の取り組みといえる。この新しい技術は、金融、教育や医療をはじめ、さまざまな分野で価値を生み出すと期待されている。

「特にガン治療など、医療分野での活用が期待され、米国では実際に試用が始まっています。ガン治療における研究論文や臨床データは年間を通して何万件も発表され、そこから新しい治療法や薬剤が開発されていますが、現場の医師がすべてを読んで理解することはおよそ不可能といえる作業でしょう。ですが、Watsonのようなコグニティブ・システムに論文や臨床データを学習させることで、コンピューターが情報を分析し、医師が診断をするために有益な情報、患者に最適な治療法の候補を瞬時に導き出してくれます。また、近年急速に進歩した画像認識技術においては、高い読影力が求められるレントゲンやCTの検査画像の診断などの専門的な分野への応用も考えられます」

「コグニティブ・システムとは、人間の知能に置き換わるものではなく、人間の知能や能力を補強、増強するもの」と福田氏は語る。人間の知識を拡張し、適切な意思決定を促し、スピーディーな実行を手助けする、人間のよきパートナーとなる存在を目指している。たとえば、高齢化社会における介護現場の人手不足の問題など、社会が抱えている課題の解決に向けて前進できるように貢献していくことが理想だ。

コグニティブ技術の実用化で世界は一変する

「だが、乗り越えなくてはいけない課題もある」と福田氏。「多岐にわたる膨大な情報を統合して分析し的確な答えを瞬時に導き出したり、昨日は間違えた言葉を今日は正しく認識したりと、コンピューターが苦手としていたことが少しずつできるようになっています。けれど、言葉の裏の意図を読んだり、相手の顔を見て気持ちを読み取ったりすることはまだできません。得意なことがもっともっと増えるように研究を進めていく使命を感じています。また、『Jeopardy!』でWatsonが勝利した当時のコンピューターに供給された電力は、200キロワット。対して人間の脳の消費電力は数十ワット相当と言われているので、約1万倍の差があります。この差を縮める省電力化、小型化は必須の課題ですね」

決してたやすい道のりではない。しかし、それらの課題をクリアしたとき、世の中はもちろん、ユーザー体験が一変するだろうと福田氏は語る。スマートフォンやパソコンなどのデバイスにコグニティブ・コンピューティング技術を埋め込むことで、キーボードを打たずに話しかけたり、脳でイメージしたりするだけでテキストが記録されているかもしれない。また、ロボットと対話をしている間に作るべき文書作業がいつの間にか完了している、そんな時代が訪れるかもしれない。

「いずれ社会にインパクトを与える使われ方が必ずやってくる。そうなれば、パソコンが急激に普及して世の中に受け入れられたときのように、あっという間に広がっていくでしょう。そのころにはパソコンもスマートフォンも存在していないかもしれません。私たちの想像を超える未来は、そう遠くないところまで来ています」と福田氏は目を輝かせた。

LATEST POST