探そう、まだ見ぬ未来を。

人工知能の未来

世界を驚かせる。そのためだけに、前人未到を狙い続ける

HEROZ株式会社

日本、そして世界に名を轟かせる人工知能ベンチャー企業

人工知能(AI)で世界を驚かせ続ける企業、HEROZ株式会社。特筆すべきは同社の圧倒的な技術力だ。2014年には、米国Red Herring社が主催するテクノロジーアワード「2014 Red Herring Global: Top 100 Winners」を受賞。世界的にもその高い技術力で一目置かれる。

また同社では、この技術力をベースに「将棋ウォーズ」「CHESS HEROZ」「BackgammonAce」といったインターネットサービスを企画・開発・運営し、最近ではFinTech(フィンテック。テクノロジーを駆使した金融サービス)の分野にも進出している。ビジネス面でも過去3年間の売上高成長率が1,969%という驚異的な成長率を記録。テクノロジー、メディア、通信業界における企業の収益(売上高)成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast 50」でも第1位に輝いた。

だが、こうした華々しい実績にも林隆弘代表取締役が浮かれる様子はない。「自分のやりたいこと、実現したい世界観を追求してきた結果が偶然ついてきただけです」と笑う。林氏にとっても、HEROZにとっても、これらの実績は単なる通過点でしかないのだ。彼らには、人工知能が世界を変えていくという未来が輪郭を帯びて見えているのだろう。

将棋への情熱が、人工知能事業の土台に

林氏と人工知能との出会いは必然的といえるものだった。学生時代から将棋にのめり込み、アマチュア将棋の全国大会で数回優勝を経験。当時のアマチュア最高段位である六段を取得するほどの腕前だった。その林氏は、将棋の練習相手として既に人工知能を試し始めていたのだという。

「当時、将棋の人工知能は非常に弱く、有段者(四段程度)に負けるレベルのものでした。しかし、『これは近々人間を超えるだろう』という確信はありました。その後、機械学習やディープラーニングといった手法が登場し、人工知能の性能と成長スピードが飛躍的に向上。そうしたなか、人工知能の性能を測るベンチマークとして、勝敗が明確で、かつ人間がまだ圧倒的優位だった将棋が注目されたのです」

そうした時代の転換点において、林氏はごく自然に、将棋へ傾けてきた情熱を人工知能の世界へ向けることになった。そして現在、コンピューター将棋ソフトのなかで最強との呼び声高い「Ponanza」の開発者である山本一成氏をはじめ、「Apery」の開発者の平岡拓也氏、「ツツカナ」開発者の一丸貴則氏など、優秀な人材が「世界を驚かすサービスを提供する!」という理想像に共感し、多数HEROZに集まってきている。

「山本は将棋のことを『人工知能の未来の道しるべ』と表現しましたが、私も人工知能の登場は、産業革命と同様の出来事だと考えています。人工知能を搭載した機械によって人間の仕事が奪われてしまうという懸念もあるようですが、機械がすべての仕事を担うということはまずありません。人工知能が進化するだけ、人間も進化する。新たな仕事を創造し、新たな価値を生み出していくはずです」

HEROZが目指すのは、人間らしい「強いAI」

林氏は「人工知能こそ日本向きの産業だ」と断言する。「世界を相手にしたサービスを作る際には、言語が英語でないという時点で既に大きなマイナスですが、人工知能はプログラムだけですから言語バリアーを無視できる。製造業が強かったのも、この言語バリアーに関係なく『日本製は良い』という評価を世界から勝ち取れたから。言語バリアーが強い日本だからこそ、人工知能は世界と戦える貴重なフィールドの1つになるはずです」

人工知能の研究、開発を徹底的にやり抜くことが、日本経済の力強さを取り戻すきっかけになると林氏は考えているのだ。一方で、国内外の大手企業が積極的に人工知能事業に投資し始めるなど、競合企業もぞくぞくと登場している。そうしたなかで、ベンチャー企業であるHEROZに勝ち筋はあるのか。林氏はこれも「問題ない」と力強く言い切る。

「人工知能、つまりAIには『強いAI』と『弱いAI』が存在します。大手企業は膨大な知識、情報を集約し、かつIoTなどを駆使して、問題や疑問に対する回答や結論を導き出すことができるAIを作ろうとしている。しかし、それだけでは『弱いAI』です。私たちが目指すのは、人間の脳の構造をシミュレートし、人間並みの創造力を持たせた『強いAI』。ルーティンワークを超高速で回すようなものではなく、新しい価値を自ら生み出せるAIです。当然、難易度は圧倒的に『強いAI』のほうが高い。だからこそ、これが実現できた際には、世の中をあっと驚かせることができると思います」

人工知能の市場規模は2015年時点で60億ドル。これが2025年になると1200億ドルになると見込まれている。急拡大を続ける市場をけん引するHEROZ。次は、どのような形で世の中に驚きを提供してくれるのだろうか。

LATEST POST